薬剤師の短期派遣とは

短期派遣とはどんな働き方なの?

薬剤師の短期派遣とは

薬剤師の働き方も、現在では様々な選択肢があります。今までもパートとして働いている人の多い職種と言えましたが、近頃では派遣社員や契約社員などでの働き方も増えています。

社会問題として「派遣切り」などという言葉も耳にしますが、薬剤師のケースでは専門的な技術や知識を必要とした国家資格となりますので、デメリットだけではなく、自分らしい働き方のできる選択肢だとも考えられるでしょう。

ところで今、薬剤師の働き方として人気を集めているのが短期派遣です。言葉を見れば一目瞭然ですが、短期の契約の中で勤務する形となります。最大でも数ヶ月程度となり、短くてほんの数日という求人もあるようです。

どうして短期の薬剤師派遣が人気かというと、雇用側も働く側も長所が多いからだといえます。例えば雇用サイドからすると、すぐに活躍してくれる薬剤師を手に入れられるということでしょう。

一般の派遣業務となると、仕事の知識を持ってない人材が来るため、単純な労働しか期待できませんが、薬剤師のケースではすでに業務に関る知識や技術を持っているため、即戦力になります。

薬剤師サイドからすると、収入に期待できる、という事が大きいでしょう。短期派遣は突然人手が足りなくなり、企業が求人を出します。ですから報酬が高いケースがとても多いです。

一般的な派遣の場合は2000円程度となる時給が、短期の場合は3000円以上ということも少なくありません。短い期間で良い収入を手にしたい人は、短期派遣として様々な場所で働いています。

このように高い報酬が期待できる薬剤師求人を探す際には、その職場で自分が即戦力になれるかを見極める事がポイントです。自給だけを確認するのではなく、相手がどのようななスキルを求めているかをしっかり判断する事が求められると言えるでしょう。

相手の求めることと自分の適正がずれていては何回申し込んでも上手くいきません。面接時に自分の技術力や知識力、経験値などをしっかりアピールできるかもネックです。

そして、きちんとした派遣会社を見つけることも重要になります。薬剤師の派遣を扱う企業は多くありますが、良い企業と残念な企業はやはりあるものです。残念な派遣会社にエントリーしてしまった場合は、条件に合った求人に巡り会えないこともありますので気をつけましょう。

短期派遣を目的に求人を見つけたい場合は、派遣会社の選択はとても大切になるということです。色々な職場で働くことによって手に出来る技術力もあります。収入面だけではなく、キャリアアップを意識した短期派遣が出来るといいですね。