現場ではどんな薬剤師が求められている?

薬剤師に必要なスキルとは?

現場ではどんな薬剤師が求められている?

薬剤師という仕事は、ただ薬剤師の資格を持ってさえいれば活躍できる仕事ではありません。 たくさんの人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が高い人のほうが活躍できる可能性が高くなります。

そして、そういった能力は給料アップにも繋がりやすく、やりがいを持って仕事に取り組むことにも繋がるでしょう。

この「コミュニケーション能力」と言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、薬剤師の仕事をするうえでは、資格と同じくらい大切な能力です。というのも、患者さんが薬剤師に頼るのは体調がすぐれない時や、身体に何らかの異変を感じている時ですよね。

そこで相談に乗ってくれるだけでなく、適切なアドバイスをしてくれる薬剤師は、患者さんにとって非常に頼りになる存在です。ですが、患者さんから「この人は頼りになる薬剤師だ」と感じてもらうためには、コミュニケーション能力が必要になるわけです。

誰でも、常にむすっとしていて不機嫌そうな薬剤師と積極的に話したいとは思いませんよね。ですが、笑顔で接してくれて、気付いたらいろいろな話をしていたというくらい話やすい薬剤師であれば、身体の不調や悩みについても相談しやすいはずです。

話しやすい薬剤師になるためには、コミュニケーションの問題ももちろん大切ですが、話しやすい雰囲気を持った薬剤師になることも重要になってきます。例えば、あまりにもメイクが派手だったり、髪型が派手だったりする場合、いくら会話がうまかったとしても見た目の印象で話しにくいと思われてしまうこともあるでしょう。

そうならないように、見た目にも注意してみてはどうでしょうか。薬剤師に限った話ではありませんが、医療関係の仕事の中にはサービス業と似たような感覚で勤めなくてはならないものもあります。

薬剤師といえば薬とだけ向き合っていればいい仕事というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、薬と人を結びつけるためにも大切な役割を持っています。