薬剤師の復職の悩み

薬剤師の復職が難しくなっている理由は?

薬剤師の復職の悩み

医療と同じぐらい医薬品も日々進歩を続けています。そのため、必要な薬の知識が膨大になり把握しきれないのではないかという悩みが挙がっています。特に女性は妊娠・出産などで一時職場を離れることもあり、焦燥感は常勤で働いている方よりも大きいと言えます。

どの職種にも言えることですが、常に新しい情報が入り、やり方も変わっています。ですが薬剤師が取り扱う薬剤は、ひとつ間違えば命を危険にさらしてしまう可能性があり慎重にならざるを得ないのです。

これは転職の際にも言えることで、新しい世界に飛び込む前後は身構えてしまいますね。ですがそこで働く人間は決してあなたひとりだけではありません。同僚や上司がいますし、わからなければとことん説明を受けましょう。

また会社の人間に相談しにくいというのなら、人材紹介を行うキャリアコンサルタントへ事前に相談するのも良いかもしれません。わからないまま進行してしまうと、後々困ったことを引き起こしかねません。

薬剤師は地方ではまだ人材が不足しています。そのため復職や転職のしやすい環境と言えます。今の内ならば好待遇で復職できるはずです。ただし、それは正社員の場合です。女性が家庭と仕事を両立するためにアルバイトやパートと言った短時間の働き方は、他の女性でも希望しています。ですから時間に都合をつける働き方は、今後飽和状態が続き求人が減少するかもしれませんね。

また復職を難しくしている要因のひとつに、薬学部が4年制から6年制になったことが挙げられます。増えた2年分だけ知識や経験は増していることでしょう。4年制大学卒業者と6年制大学卒業をした方から採用者を選ぶとしたら、後者の方が知識があると判断されてしまいます。

このように薬剤師も売り手市場からは遠ざかっていっているのが現状です。今後の傾向はまだわかりませんが、なるべく在職中にスキルをアップさせ次の転職に活かせるようにしたいですね。そして復職しても、戸惑いがないよう休職中であっても勉強を続けることをしましょう。復職がスムーズですし、復職に自信を持つことができるでしょう。