薬剤師パートの収入・給与

薬剤師のお給料はどのくらいなの?

薬剤師パートの収入・給与



薬剤師という仕事は、非常に収入が高いことでも知られています。小さな子どもがいる人などは、どうしてもたくさんお金がかかってしまいますよね。子供が小さくてあまり長時間働きに出ることができないという人も多いのではないでしょうか。ですが、薬剤師のパートなどもあるため、短時間の勤務で生活に必要なお金を効率よく稼ぐことができます。
http://www.meisterjaeger.org/

薬剤師の資格を持っていると、ブランクがあっても働くことができるのが大きな魅力です。ブランクが長くても収入はそれほど下がらない場合が多いので、この資格を持っていれば一生転職・就職において有利になるとも言えます。

時給はどれくらいなのかというと、これは約2,000円前後だと言われています。一般的な仕事で時給2,000円を稼ごうと思ったら、なかなか難しいですよね。危険がある仕事や、ハードな仕事の中には高収入が期待できるものもありますが、薬剤師の仕事はそういったものと同じく高収入が期待できます。

1日に働く時間が4時間程度だったとしても、月収は10万円前後になる場合が多いです。このような短時間で月収10万円を得ることができる仕事はそれほど多くないので、効率よく稼ぎたいと思っている人から選ばれている仕事でもあります。

また、女性がたくさん稼ぐのは難しい職種もあります。女性に比べると男性のほうが高収入という仕事がほとんどではないでしょうか。仕事内容はそれほど変わらないのに収入に差があり、不満に思っている人も少なくないはずです。薬剤師は、ほとんどが女性ということもあり、女性でも高収入が得られる仕事として知られています。

特に稼ぎやすいと言われているのが、ドラッグストアでのお仕事です。ドラッグストアで働くと、薬剤師としての給与だけでなく、薬剤師手当というものがもらえます。これは月に5万円から10万円ほどの手当となるので、これだけでもかなり大きいですよね。もちろん、給与の高さだけで職場選びをすることはできませんが、働きやすい職場を探して稼ぎましょう。

求められる薬剤師像を理解し転職活動に活かしましょう

薬剤師の転職を成功させようとするのであれば、 今、どのような薬剤師が求められているのかを理解しておく必要があります。

たしかに巷では薬剤師の求人が溢れているような状態です。 薬剤師の方による転職は、その他の職業での転職事情と比較しても ハードルの低いものであるという捉え方もできるでしょう。

しかし、多くの薬剤師がより良い職場を求め選んでいる事と同じ様に、 採用側である医療機関や企業もまた、より優秀な薬剤師を求め選んでいるという事を忘れてはいけません。

以下10個は文部科学省が掲げる薬剤師の基本的資質です。 採用側、また患者さんやお客さんにとって魅力的な薬剤師を目指し、 より希望に近い職場への転職を叶えて下さい。

(1)薬剤師としての心構え
(2)患者・生活者本位の視点
(3)コミュニケーション能力
(4)チーム医療への参画
(5)基礎的な科学力
(6)薬物療法における実践能力
(7)地域の保健・医療における実践的能力
(8)研究能力
(9)自己研鎖
(10)教育能力

以上の項目でわかる事は、薬に対する知識や職場での経験はもちろん、 向上心や行動力、またコミュニケーションスキルが含まれている事です。 確かにスキルやキャリアの向上は大切な事です。

しかし、それだけでは魅力的な薬剤師だとは言えないのかも知れませんね。

また、この中でもコミュニケーションスキルの重要性はとくに近年叫ばれているものです。 お薬の専門家である薬剤師ですが、結局はその知識によって誰かを助け、支える役所となる職業です。

患者さんやお客さん、利用者さん・・・。その人その人の立場になり ケアをして行く事も重要ですし、職場での連携の中でも対人能力を問われるシーンは多いでしょう。 薬剤師の転職先には様々な現場が考えられますが、一貫して どの職場にもコミュニケーションスキルが必要になってくるはずです。

もしも薬剤師の方がより良い転職先を望むのであれば、自分が持つ能力をアピールする事はもちろん 「どんな薬剤師が採用されるのか?」という点を把握し、そのモデルに近づく努力も必要なのではないでしょうか? 求められる薬剤師像を理解し、転職活動でのアプローチに活用させましょう。

求められていない薬剤師を理解し転職活動に活かしましょう

転職活動のにはいくつかのポイントがあります。 薬剤師に限った話ではありませんが、どのような人材が求められているのかを 理解する事もポイントの中の一つだと言えるでしょう。

引く手数多の売り手市場であると言われている薬剤師の転職シーンでは、 実に多くの求人が至る所で紹介され、一見、薬剤師の転職はハードルが低いもの、と感じられるかも知れません。

しかし、そんな数ある求人の中でも、人気のあるものやそうではないものが存在しますね。 人によって価値観は異なりますので、一概に人気が高いとは言えない職場であっても、 「どうしてもここの採用が欲しい!」と思わせるような求人に出会う事もあるかも知れません。

求人がたくさん出ているからといって、その中から必ず 自分にマッチした職場で採用してもらえるというわけではないのです。

転職活動をしている薬剤師の方にとっては耳の痛い事かも知れませんが、 求められる人材もいれば、当然、求められていないタイプの薬剤師も存在します。 ここでは、現場で要らないと思われてしまうタイプの薬剤師を紹介します。

(1)コミュニケーションスキルの低い薬剤師
薬の専門家である薬剤師ですが、コミュニケーションは必須です。 患者さんの立場になったり、職場での連携が必要なシーンもあるでしょう。

(2)向上心の無い薬剤師
薬剤師の資格を取得し、採用さえしてもらえれば勉強は必要ないと感じてはいませんか? 薬剤師として働きながらも、知識や技術など学ぶ事はたくさんあります。

(3)ポジティブな考え方が出来ない薬剤師
薬剤師に限った事ではありませんね。マイナス思考が強い方は 必然的に向上心も弱く、また職場の雰囲気に影響してしまう事もありえます。

(4)責任感の無い薬剤師
薬剤師は、医療現場で働き、人々の健康をケアする、という責任の大きな職業です。 勤める方はその自覚を持ち、自分の仕事に責任を感じて下さい。

(5)プライドの高い薬剤師
患者の立場に立てない、人の意見を受け入れる事の出来ない薬剤師は 現場からも嫌厭されてしまうようです。